GKコンサルティング

MENU

一戸建てを買うなら新築、中古どちら?

夢のマイホーム、一戸建が欲しいと思ったとき、新築物件か、中古物件か、悩むところですよね。明確にどちらが良いというのは、答えは人によって違うので断定はできません。ここでは、それぞれどのような人が向いているのか、メリット・デメリット含めてお伝えしていきます。参考になれば幸いです。

新築、中古物件を買う人

新築物件を買う人

  • どうしても、自分が一番最初に住んだという実感が欲しい。
  • 特徴のある住宅に住みたいとはあまり思わない。
  • どうしても住みたい地域というものが特にない

中古物件を買う人

  • 地域を広範囲から選択したい
  • 買う前に実物を見たい
  • 学校の近く、実家の近く等、居住地域に譲れない希望がある
  • 割安でお得な物件を見極める目があり、自分でリノベーションしたい

新築、中古物件のこれから

近年のトレンドとして、リノベーション住宅(中古住宅をリフォームしてオシャレなデザインや最新機能を付加した物件)が流行ってきています。費用も同じような条件の新築よりもちろん割安になるため、必ずしも新築にはこだわらない、という方が増えている現状もあります。 しかしながら、新築物件だと税制上の優遇があり、条件次第によっては中古物件よりも割安になる可能性もあります。また、瑕疵担保責任という、新築であれば10年は品質を保証しなければならないというルールもあるため、新築であればそのメリットも享受することができるのです。身も蓋も無いようですが、メリット・デメリットはそれぞれにあります。一番大切なのは、それぞれの特徴を理解して自分に合う選択を取る事です。 こういった、あまり知られていないことをきちんと調べて理解する人が増えると、自分の希望と条件に合わせた最良の選択ができるようになるでしょう。逆に知識の無い人が、余計なお金を支払うことになってしまう世の中になるかもしれません。

注意点

中古の物件を買う人には、リフォームをして住もう、という人も多いと思います。近年、「安価でおしゃれに住める」を売り文句としてリノベーション物件は流行中です。URの住宅が一時期ニュースになったりしていましたね。既にリノベーション済みの物件を買う場合は別として、自分たちでリフォームをする場合は、最初に必要な金額は新築より安く済む場合がほとんどですがリフォームの条件次第では最終的には新築よりも高くついてしまう事が往々にしてあります。前述のように、新築には税制の優遇等の割引があります。ただ新しそうな物件が良いという希望であれば、建て売りの新築物件の方が安定して安くなりやすいという点は理解しておいた方が良いと思います。 また、新築物件を買いたい人の希望で、「設備や機能が最新だから」という意見もありますが、残念ながら必ずしもそうではありません。新築物件は、のほとんどが地域を限定して土地を買い占めたディベロッパーによる建て売りの方式なので、全てほとんど同じ設備や機能を備えています。新築なので、古い、明らかに旧型、という事はさすがに無いですが、「最新でカッコよく革新的なもの」に重きを置いた方は、中古物件をリノベーションする事をお勧めいたします。「最新のカッコよく革新的なもの」を備えた新築一戸建てが無いわけではありませんが、それはものすごく高級な住宅に限られてきますのでかなり予算に余裕がなければ厳しいかもしれません。

良い選択を

全ての人にとって、どちらが得!という答えはありません。自分の希望はどのようなタイプなのか、慎重に考えてみましょう。定まらない場合は、一度不動産会社に相談だけでも行ってみてはいかがでしょうか。自分のタイプにあった選択を、きっとプロが後押ししてくれるはずです。

ゼロワンハウスなら仲介手数料が無料になる!

不動産会社を選ぶ際には、さまざまな基準を吟味しましょう。仲介手数料がゼロになるうえ、サービス面でも問題のない不動産会社に出会えれば好条件の取引を期待できます。たとえば、ゼロワンハウスは価格以外にも強みの多い会社です。ここからは、ゼロワンハウスの特徴について解説していきます。

不動産に関するプロフェッショナルが集まっているゼロワンハウスは、仲介業者として知られています。ただ、サービス面が充実しているにもかかわらず仲介手数料無料の物件が多いという特徴を備えています。ゼロワンハウスが手数料をカットできているのは、業務効率化がスムーズに行われているからです。インターネット広告事業も行っているので、宣伝に関するノウハウを広く吸収しています。その中で、経費を抑えながら自社の魅力を発信していく方法を確立させました。また、業務内容は高度にマニュアル化されており、迅速な対応を顧客から評価されています。営業活動に多額の経費を投入しなくても、効率的に利益へと結びつけているのです。

ただ、ゼロワンハウスでも、全ての案件が仲介手数料ゼロというわけにはいきません。それでも、手数料は物件価格の一律0.7%という上限を保っています。物件によっては他社に依頼するより数百万円も得になることさえあります。不動産取引において、仲介手数料は最大の経費といえる部分です。それが無料になる分、顧客は好条件の物件も安心して取引できます。

仲介手数料を理解して賢く不動産を売買しよう!

不動産取引の仲介手数料は速算式によって上限を求められます。ただ、あくまで上限なので割引サービスを設けていたり無料にしていたりする不動産会社は少なくありません。ゼロワンハウスのように、手数料が無料でサービスの充実している会社を見つけることが大事です。仲介手数料の仕組みを正しく理解すれば、優良な不動産会社を見つけやすくなるでしょう。

お問い合わせ

ご質問やご相談はこちらよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ